コラム Column

ゆくぞキャッシュレス!アトムと共にどこまでも!!

 
TISも参加しているキャッシュレス推進協議会では、
経済産業省と共に官民連携してキャッシュレスの認知、
理解浸透の為の国民運動を行います。
様々な場所で、便利で安心なキャッシュレスの広がりを促進し、
手塚治虫先生の大人気キャラクター
「アトム(Ⓒ手塚プロダクション)」と共に、
日本全国どこでもキャッシュレスを目指します。

キャッシュレス国民運動って具体的になにをするの?

 国民運動と聞くとなんだか仰々しいですね。「官民連携して…」とは言うものの、具体的にどんなイベントが実施されるのか、調べてみました。まず、大きく2つの施策に分類されます。

プレ金×キャッシュレスの『プレミアム“キャッシュレス”フライデー』

2017年からスタートした『プレミアムフライデー』。TISでも導入されており、月末金曜日は早めに退社できる人は積極的に活用し、家族や友人、恋人や同僚等との楽しい時間を過ごしています。(当社ではPO(Positive Off)という独自制度が導入されており、各自が業務調整をして積極的な休暇取得を促しているのであまりプレ金に拘っていないというのも事実ですが…)

2018年3月29日(金)のプレミアムフライデーが、『プレミアム“キャッシュレス”フライデー』とされ、本件国民運動に協賛した様々な企業から、お得なキャンペーンが実施されました。 すでに終了したキャンペーンではありますが、どんな企業がどんなキャンペーンを実施したのか、一例を紹介します。

LINE Pay:毎回利用額の20%還元(上限5000円相当)+0~2000円分LINE Payが当たるもらえるくじ
PayPay:飲食店での利用で最大20%還元(上限10000円相当)
Origami:Origami Payの利用で何度でも10%還元(上限1000円相当)
ドコモd払い:dポイント40倍還元 実質20%還元
楽天ペイ:期間中に500円以上を決済した人の中から、総額32万9000ポイントの楽天ポイントを山分け
(紹介順不同)

いずれも3月29日限定のキャンペーンや、3月31日までの実施されたキャンペーンですが、次に紹介するのはこれからやってくるゴールデン・ウィークに実施されるキャンペーンです。

10連休に実施される『キャッシュレス・ウィーク』

2019年のGWは10連休と、その長さに注目が集まっています。4月のプレミアムフライデーである4月26日(金)~5月6日(月)のGW期間中にも、幅広い事業者がさまざまなサービス・キャッシュレス体験の場が提供される予定です。今後、キャッシュレス推進協議会のHP(https://www.paymentsjapan.or.jp/)や各事業者のHPなどでキャンペーンの詳細が公開されます。大型連休、旅先でも地元でも、簡単便利なキャッシュレス決済で、たくさんのお得体験をしてみてください。

 

その他、様々な場所で『GO! CASHLESS2020』ポスターが掲示

4月1日(月)からは、鉄腕アトムのキャラクターがキャッシュレスの広がりを推進する、【GO! CASHLESS 2020】ポスターの掲示が開示されます。 全国の流通、飲食店、商店街、空港、全国の自治体、交通インフラなど、あらゆる接点に設置される予定です。

キャッシュレス化の第一歩は「とりあえず試してみること」

ここまで、キャッシュレス国民運動について説明をしてきました。

キャッシュレスは、一度体験するとその利便性とお得感から、一気に非現金化へシフトするように感じます。ただ、その最初の一歩がなかなか大変。 筆者も、2年ほど前からApple Payを使い始めたのですが、それ以前は主にカード(クレジットかデビット)専門でした(なぜカードを使うのかって?それは現金で支払うよりも“お得”だからです)。スーパーでもドラッグストアでも、コンビニで100円のお水を買うのもカード。毎回、カバンを開けてお財布を取り出し、財布の中からカードを出していました。

 しかしApple Payを覚えた私のペイメントUX(支払い体験)はガラッと変わりました。お財布を出さなくていい…!ポケットに入っているスマホ一つで決済が完了するではありませんか!!筆者には小さな子供がいるので、子供を抱っこしていたり手をつないでいるときは、お財布をカバンの中から取り出す事なく、スマホ片手で簡単に決済ができるというのはとても便利なのです。 

Apple Payに感動したのも束の間、頭角を現してきたのがQR決済(そもそも私がApple Payを使い始めたのが遅かったのですが)。まだ私は複数のQR決済を使いこなせてはいませんが、社内には決済マニアがずらり。あるサービスとQR決済サービスとを組み合わせて使うことで常時30%近い還元を受けるのは当たり前とかなんとか。その辺の話はいずれまた…。

とにかく使ってみるとその利便性とお得感に感動するのがキャッシュレス。これまでの当たり前って、こうやって少しずつ変化していくのだなぁとしみじみ感じます。 今回の国民運動を受け、現金ユーザーの方々が、キャッシュレスの便利さに触れるきっかけになればと思います。

<執筆者プロフィール>

デジタルトランスフォーメーション企画部 

やまむー PAYCIERGEプロモーション担当