コラム Column

デビット (仕組み・決済処理の流れ)‐決済博士の気になるコラム-第11回

4.国際ブランドスキームにおける精算

決済博士
決済博士

すでに説明したことだが、消費者が加盟店でデビットカード決済を行った後、加盟店から売上データがアクワイアラー、国際ブランドを経由し、イシュア銀行に渡ることで、取引が確定する。その後の精算について、図で説明するぞ


国際ブランドスキームにおける清算図

決済博士
決済博士

①の部分ではデビットカード決済の場合は決済と同時に消費者の口座から購買代金が引き落とされる。すると②でイシュア銀行は、消費者の口座から引き落とした購買代金を国際ブランドに支払う。次に③で国際ブランドはイシュア銀行から支払われた購買代金をアクワイアラーに渡す。そして④でアクワイアラーは最終的に加盟店に購買代金を支払う。このようにイシュア銀行、国際ブランド、アクワイアラーはそれぞれ契約上規定された手数料率で計算された手数料を精算と同時に受け取ることができる仕組みとなっているんだ

決済博士
決済博士

以上がデビットカードの仕組み、決済の流れとなっている。
最後までご視聴頂きありがとう。
この動画についてご質問、ご意見がある方は是非コメント欄まで。
そして動画を見てイイネと思った方は是非イイネボダンも忘れずに。
それでは次回の動画まで・・・ちゃお!

キャッシー
キャッシー

・・・ちゃおって・・・・・もう少し表現方法変えた方が良いと思うけど

決済博士
決済博士

なんじゃい。いつもそんな所ばっかり指摘しおって。肝心な動画についてはどうだったんじゃ?少しはデビットの仕組みが理解できたんじゃろうな

キャッシー
キャッシー

うん。とっても分かりやすかったと思うよ。やっぱりデビットはデビットで良い所もあるよね。リアルタイムで自分が使った金額が銀行から引き落とされるって、ある意味使いすぎないし、安心かもね。ところで、博士のYou Tube登録人数って今どのくらいになった?1万人は目指すって言ってたと思うけど。。。どれどれ…

(人数を調べるキャッシー)

キャッシー
キャッシー

・・・・・え!?

登場人物紹介

決済博士

与那嶺 淳(あだ名:決済博士)

大学では長年にわたり商学部の教授を務め、
昨今話題のDX技術や新しい決済の仕組みをずいぶん早くから講義の中で解説しており
学生には”決済博士”として慕われていたが昨年退職。
悠々自適な生活を送りつつも隣に住むキャッシーを気にかけている。

 

キャッシー

木山 祥子 (あだ名:キャッシー )

サークルやバイトに毎日忙しい元気印の大学生。
レジのアルバイトでいろいろな支払い方法があることを知り、
最近お金や決済に興味を持ち始めた。

 

 

※この記事が参考になった!面白かった! と思った方は是非「いいね」ボタンを押してください。