コラム Column

改訂日

スーパーアプリによるWEBビジネスチャンス拡大手法を徹底解説~ユーザーとの接点を最大化するDX、ミニアプリ戦略とは?~

●ネイティブアプリを展開する上での注意点

PCとスマホ

ユーザーとの接点を作る導線として、「App Store」や「Google Play」でアプリを開発し、リリースすることは、現時点でも有力な手法の一つといえます。しかし、現在はアプリ間の競争が激化しています。くわえて、ユーザーは日常生活で使用するアプリを一通り揃えると、新しいアプリを探さなくなることがわかっており、認知獲得が大きな「壁」になっている状況です。

つまり、多額の開発費を投入して開発したアプリを「App Store」や「Google Play」で公開し、ユーザーの認知を得て、同種カテゴリのアプリとの競争を勝ち抜くには、プロモーション等の費用や大きな労力が必要になることを考慮に入れておく必要があるのです。

OSのバージョンアップに伴うメンテナンスや更新、運用にもコストがかかります。他に存在しないオンリーワンのサービスを展開する上ではネイティブアプリ戦略は魅力的ですが、WEBビジネス展開の一つとしては一考を要するものであるといわざるを得ません。

●スーパーアプリ・ミニアプリがもたらすメリット

スマホにいろいろなサービス

スーパーアプリ上で動作するミニアプリはWebViewベースで動作する軽量なアプリケーションです。現在、WEBアプリを展開している企業は、その資材を流用して開発することができ、導入コストを抑えられるのがメリットの一つです。

ネイティブアプリに比べて参入障壁が低いのもメリットだといえるでしょう。今、黎明期の日本では、スーパーアプリ提供企業側から見ると、ミニアプリによって新機能やサービスが増えることはポジティブなポイントであることから、プロモーションの波に乗りやすい状況となっているためです。

また、スーパーアプリでは、ユーザーは事前登録を既に済ませているため、利用状況等から、優先的にレコメンド、マッチングをすることができるため、ストアからネイティブアプリをリリースするよりも効率よく自社サービスに合うユーザーにアプローチできることも見逃せません。ユーザー側からすると、自分に必要なものを短時間で見つけられるため、スーパーアプリは双方にとって「利」のある場になっているといえます。

●WEBアプリをミニアプリ化してチャンス創出

このように見てくると、現在、WEBアプリやWEBサイトでサービスを提供している事業者が新たなビジネス戦略として、ネイティブアプリ化とミニアプリ化とを比較検討すると、後者の方がメリットが大きいことがわかります。現在、アプリを運営している事業者がミニアプリへと移行することも考えられます。なぜなら、コスト面で有利となることが多く、且つユーザーとの接点をより豊富に創出することができるからです。ユーザー、事業者の双方が利便性を感じられることも見逃せません。

アカウント登録を「不要化」または「簡略化」できる

スーパーアプリのユーザーは、事前にセキュリティレベルの高い認証を済ませています。そのため、新たにミニアプリを提供しても、ユーザーの利用開始までの時間を大幅に短縮することができます。ケースによっては登録不要にすることも可能です。ミニアプリ事業者は、ユーザーが利用を開始した時点で、決済情報に紐づいた情報が利用できるため、決済を前提にしたサービスを展開できます。
このミニアプリとスーパーアプリの関係性から、コラボレーションの可能性も広がります。データの利用により、他の事業者との新しいビジネスモデルの創出も想定できるのです。

決済と相性が良い

ミニアプリ化によって、スーパーアプリの決済機能が利用できるようになります。これは、現在、決済機能がないWEBサイト・WEBアプリを持つ事業者にとって大きなメリットといえるでしょう。
これまでは予約までだったサービスをミニアプリによって決済までワンストップ化することで利便性が増します。スーパーアプリの決済機能を付与することでサービスの競争力が向上し、利用の増加が見込めることになります。

「安心感」から生じるユーザーの「購買意欲」

ユーザーは、既にスーパーアプリとの信頼関係ができているため、新たに登場したミニアプリを保証されたものとして受け入れやすい状態になっています。登録不要の気軽さもあって、スタート時から購買行動へのハードルが下がっているメリットがあります。

スマホでの決済は画面の大きさなどからストレスがありますが、登録済のスーパーアプリ上ではボタンを押すだけで決済できるため、この利便性の持つ意義は大きいといえます。逆に、ミニアプリ事業者は利便性を意識してスマホ、タブレットでタップして使いやすいUI/UXを考えて提供していくべきでしょう。

ユーザーとのコミュニケーションが「密」に

スーパーアプリごとによって状況は異なりますが、ミニアプリではWEBサービスでは基本的に利用できない「Push通知機能」や「チャット機能」を利用してユーザーときめ細やかなコミュニケーションを取ることができるようになります。サポートを強化したい事業者にとってはうれしい機能です。

●ミニアプリ参画のユースケース

WEBアプリを展開している事業者がミニアプリに参画した場合のユースケースをいくつか見ていくことにしましょう。

【ユースケース】ミニアプリで飲食店での待ち時間を短縮

img-飲食店ミニアプリ

これまでは店舗WEBサービスを運営していた飲食店がミニアプリを提供しているケースを想定してみます。見込み客が、スーパーアプリ上で近くにある飲食店を探すと、これまでの利用状況等から、関連性が高いと思われる店舗が表示されます。見込み客は、会員登録をすることなく、空き状況を確認して、希望する日時に簡単に予約を完了することができます。予約日時が近づくと、スーパーアプリの機能によって、Push通知が表示されます。
見込み客は行きたい店舗への会員登録等が不要ですぐ利用でき、店舗は登録部分での見込み客の離脱を大幅に減らすことができる上に、事前にお知らせをする等の手間が省けるメリットもあります。

【ユースケース】飲食店でのテーブルオーダーをミニアプリで実現

img-テーブルオーダーミニアプリ

これは、飲食店がQRコード等を設置し、これを読み取らせてミニアプリを起動するケースです。利用客はチェックイン人数やメニューを確認して、事前に注文が可能で、決済まで行うことができます。
新型コロナウイルス感染症の拡大等の影響で発生した、メニュー等に触りたくない、店員と会話したくないといった要望にも応えられ、宅配や持ち帰りサービス等にも応用可能です。

【ユースケース】残高・ポイント投資等の資産運用・投資系ミニアプリ

img-投資運用ミニアプリ

見込み客が実際にユーザーになるまでの登録等のハードルが高いといわれる資産運用・投資系サービスもミニアプリとの相性が良いといわれています。ミニアプリとして提供されることで、スーパーアプリ上で利用しているポイント残高などを気軽に運用に回せるメリットがあるためです。
スーパーアプリで、既に信頼関係が構築できているため、登録までのハードルを下げられるだけでなく、利用までの時間を短縮できる利便性の高さもあり、今後の発展が期待されています。

【ユースケース】移動・カレンダー系ミニアプリ

img-移動・カレンダーミニアプリ

カレンダーや移動に関係するアプリはスーパーアプリ・ミニアプリと非常に相性が良いといえます。なぜなら、「情報一元化」によるメリットがユーザー側にもアプリの提供側にもあるからです。
ユーザーは、スーパーアプリで予約情報や予定を一元管理でき、とても便利です。ミニアプリ側から見ると、利用者へのレコメンドをスーパーアプリが行ってくれるため、通知の負担が大きく減るのがメリットになっています。また、ユーザーは自分の予定を確認しながら予約をするようになるので、ダブルブッキングによるキャンセル防止効果も期待できます。

【ユースケース】ギフトカードモール系ミニアプリ

img-ギフトカードモール系ミニアプリ

情報のやりとりと決済を利用することから、スーパーアプリの世界観が凝縮して見られるのがギフトカードモール系ミニアプリです。ユーザーはギフトカードモールでプレゼントを購入したり、自分用に買ったりすることができます。このとき、他のミニアプリの利用で貯めたポイントなどを活用したり、他のサービスを併用したりして、実店舗に赴くことなく安価に利用できるのは大きなメリットといってよいでしょう。

スーパーアプリ側からすると、ギフトコード利用時にアプリへのアクセス増と、さらにプレゼントを受け取る人の会員登録が期待できます。ミニアプリ提供側からすると、スーパーアプリの決済機能を活用してワンストップでセキュアな販売ができ、商圏の拡大を図ることができる魅力があります。

●大きな成長が期待できるミニアプリ市場

スーパーアプリ黎明期の日本では、今後、ミニアプリ市場は大きく成長すると見られています。ミニアプリ提供を考える事業者は、現在、WEBベースのサービスを展開していれば、大きな負荷がなく参画でき、ビジネスチャンスを拡大できる状況といえます。

参画に当たっては、事前の計画が大切になってきます。『Widget配信プラットフォームサービス』では、ミニアプリを作る構想段階からコンサルティングを行い、実際に制作する段階ではUI/UXガイド等を用意して手厚くサポートしながらミニアプリの成功をあと押しします。

現在展開されているビジネスとミニアプリとの相性や、新規にミニアプリ事業を開始したいと構想されましたら、ぜひ、TISにお問い合わせください。

サービス詳細

※この記事が参考になった!面白かった! と思った方は是非「いいね」ボタンを押してください。