見逃し配信 Catch-up-TV

【見逃し配信】地域交通のDX推進 チケット電子化共通基盤を活用したMaaSの展開

Maasウェビナーバナー

交通機関の利便性を高める取り組みであるMaaSがここ数年の間に日本でも普及し始め、交通事業者をはじめとして様々な業界企業が取り組みを行っています。MaaSの取り組みがこれほど推進される理由には、日本において長年解消できずにいる交通課題があります。
 観光客の課題を例にすると、バスの行き先や系統・乗車方法がわかりづらいといった課題があり、公共交通機関の利便性を高めることが利用促進に不可欠です。一方、交通事業者にとって独自の交通系電子チケットサービスの導入はコストのハードルが高く、チケット販売のデジタル化が進んでいないというのが現状です。
 本セミナーでは、講演各社が取り組む東北・北関東地域でのMaaS事業の取り組みについてご紹介するとともに、チケット電子化共通基盤が地域交通課題の解決へ寄与する可能性についてお話いたします。

見逃し配信 お申込はコチラ

タイムテーブル
第一部 講演「MaaSの定着に向けた協調領域での連携」
MaaSブームで拡大する中で経済性を成立させることは容易ではない。特に取組規模が小さい地方において、システムの投資負担や新しい取組に挑戦する人的リソースの確保が困難になっている。
各陣営の協調/競争領域を明確化することで、効率的な仕組みを目指したみちのりグループの取組をご紹介。

株式会社みちのりホールディングス ディレクター 浅井 康太

第二部 講演 「チケット電子化共通基盤を活用したMaaSの展開」
各地域でMaaSが展開されている中、MaaSのコア機能の一つとしてチケットの電子化があるが、
この機能の共通化を目指し、TISが事業立ち上げを行ったチケット電子化共通基盤(電子チケットサービス)について、
みちのりホールディングス様、ジョルダン様、小田原機器様と共に取り組み行っている北関東、東北地域のMaaSを中心に、沖縄での取り組みも交えてご紹介。

TIS株式会社 DX企画ユニット DXR&D部 シニアエキスパート 田村 友克 

第三部 パネルディスカッション「地域発展のために交通事業ができる地域課題解決とは?」
パネラー(社名50音順)
株式会社小田原機器 ソリューション技術グループ 次長 矢野 達也
       
ジョルダン株式会社 法人本部 営業技術部 執行役員兼技術営業部長 長岡 豪

TIS株式会社 DX企画ユニット DXR&D部 シニアエキスパート 田村 友克

株式会社みちのりホールディングス ディレクター 浅井 康太
 

見逃し配信 お申込はコチラ