リテール決済ソリューションのトータルブランド「PAYCIERGE(ペイシェルジュ)」

QR×DRIVE

PAYCIERGE(ペイシェルジュ)のソリューション

QR×DRIVE(キューアールドライブ)

QR×DRIVEは、国内外のWalletサービスのQR決済システムを迅速かつ低コストで構築できるサービスです。中国のFintech(フィンテック)企業CardInfoLink(CIL)と資本・業務提携し、実績のあるQR決済ソリューションを日本・中国・東南アジアで展開。顧客ブランドの競争力向上、マルチブランド対応による加盟店囲い込み、システム改修・保守のコストダウン等に貢献します。

サービス利用イメージ

特長

  1. 1

    2種類のQR決済方式に対応

    QR決済方式は、QRコードを顧客のスマートフォンに表示して機器にかざす「CPM」と、QRコードを顧客の端末で読み取る「MPM」の2種類に対応しています。

  2. 2

    スピーディーかつ低コストでシステムを開発

    CILが中国国内ですでに提供済みで、実績のある約10種類のソリューションを展開し、スピーディーな開発と低コストを実現します。

導入のメリット

  1. 国内における豊富な稼働実績

    TISは日本国内で豊富なQR決済サービスの稼働実績を持っています。長年培ってきた金融事業者さま向けの開発・運用力をベースに、安心・安全な決済インフラ構築を支援します。

  2. 多数のQR決済を利用可能

    CILは中国をはじめとする東南アジアで多数のQRブランドやWallet事業者と接続状況にあり、今後も順次拡大する予定です。

  3. オペレーションの統一

    個別接続した当社QR/GWサーバーを利用する事で、システム的なオペレーションを統一できます。

関連ニュース