コラム Column

データを活用したカスタマーサクセスを実現するには

TISのデジタルトランスフォーメーション企画部に所属している鈴木翔一朗です。(2020年3月時点) 私は現在、決済データ利活用をテーマにASTARIというサービスを企画推進しています。 先日パートナー向けにプレスリリース「TIS、ユーザーの健康活動をサポートするアプリ 「ASTARI(アスタリ)」を2020年3月末より提供」を発表しています。

ASTARIについては今後別のブログで詳しく説明させて頂こうと思っておりますが、 「ASTARI」というサービスや新規サービスを企画する上で一番重要視してきた事についてご紹介します。 それは利用者にモノ・サービスを届ける事業者がデータを活用し自社カスタマーがどんな課題を抱え、どんなモノ・サービスの提供を望んでいるかを見えるようにすること。モノが溢れているこの時代、カスタマーを知り・カスタマーの成功体験に寄り添うことが求められていると思います。ASTARIは、カスタマーの課題を企業と一緒になって寄り添うことを可能としたサービスです。

※ASTARIのTwitterはコチラ

こうしたサービスを企画・推進する上で私が大切に思っている事、感じている事をもっと詳細にForbes JAPAN Webに掲載しておりますので、是非一読頂ければと思います。


・キャッシュレス社会に必要なのは、ユーザーの「感動体験」だ(2019/04/18)

・買い物を感動体験に変えていく「チャネルを分断しない」データ活用(2019/11/12)

※この記事が参考になった!面白かった! と思った方は是非「いいね」ボタンを押してください。