リテール決済ソリューションのトータルブランド「PAYCIERGE(ペイシェルジュ)」

MaaSプラットフォームサービス

PAYCIERGE(ペイシェルジュ)のソリューション

MaaSプラットフォームサービス  

鉄道、バスなどの公共交通機関、タクシー、カーシェア・シェアサイクルまで交通手段をシームレスにつなぐTISの「MaaSプラットフォーム」は行動データを分析したクーポン配信等による囲い込みマーケティング、商業施設への送客プロモーション等との連携により、移動と消費をシームレスに繋ぎます。

サービス利用イメージ

特長

  1. 1

    観光型/地域住民型に対応

    八重山諸島における実証実験での実績に基づき、観光型MaaSの実現をご支援いたします。また、地域住民型への対応として既存交通手段では網羅できない地域への移動を可能とする新モビリティとの連携等に着手しており、地域住民型MaaS実現にも対応します。

  2. 2

    「移動」×「消費」を実現する機能を網羅

    「電子チケット管理・認証」の機能を軸にルート検索・他社データ連携や会員基盤、事業者間との精算機能など総合的なサービスとして提供することが可能です。

  3. 3

    多様なチケット対応と利用実績管理

    利用場所、回数、時間などの組み合わせにより、片道乗車券や回数券、企画乗車券などご希望に応じた様々な電子チケットを実現します。また、いつどこで何を利用したか等のリアルタイム実績を管理することができ、様々な分析に活用することが可能です。

導入のメリット

  1. 国土交通省の先行モデル事業として選定

    2019年度、国土交通省の新モビリティサービス推進事業の先行モデル事業としてTISが参画する沖縄の八重山諸島(石垣島、西表島等)での取り組みが九州・沖縄地区で唯一選定されました。船舶、バス、タクシー等の複数交通手段と商業施設の連携を実現し、2019年11月から観光型MaaSの実証実験を開始します。
    八重山諸島で実現したプラットフォームをベースとして、全国への横展開を目指していきます。
    ※詳細は以下関連ニュースをご参照ください。

関連ニュース