コラム Column

金融と非金融の融合によるデジタル口座ユースケースの広がりと展望

digital-money

2021年7月8日(木)、TISインテックグループはオンラインイベント『TIS INTEC Group BUSINESS SUMMIT 2021 ITで、社会の願い叶えよう。』を開催し、持続可能なデジタル社会の実現に向けTISインテックグループの先進技術・ノウハウを駆使したサービスや取り組みを紹介しました。

本コラムでは3週にわたり、3つのセッションをレポートとしてまとめていきます。
1.「金融と非金融の融合によるデジタル口座ユースケースの拡がりと展望」
2.「ミニアプリがもたらす新しいUX、サービスの形~エンドユーザーに使われるアプリ構築~」
3.「MaaSで実現する多サービス連携 沖縄MaaSにおける交通と商業/観光等の連携実現」

今回は1.「金融と非金融の融合によるデジタル口座ユースケースの拡がりと展望」についてです。
デジタル決済、デジタル口座を核にした社会課題の解決、デジタル通貨までの流れをTIS株式会社DX営業企画ユニット・エグゼクティブフェローの舘 康二が解説しています。

――――――――――――――――――――

プロフィール
舘 康二
TIS株式会社
DXビジネスユニット
DX営業企画ユニット
エグゼクティブフェロー
1999年TIS中途入社。入社以来一貫して金融業界向けサービス企画に携わり、業界のスタンダードとなるサービスを多数生み出す。現在は当社決済サービスの総合プロデューサーとしてサービス企画全体を下支えする。

――――――――――――――――――――

●近年の決済動向全般の動きを概観

キャッシュレスの普及は堅調に推移

キャッシュレス現状

年々、キャッシュレスの普及は堅調に推移しています。普及率の折れ線グラフを見ると10年間でホップ・ステップ・ジャンプと三段階の右肩上がりで、順調にキャッシュレスが世間に浸透していることがわかります。

中心となっているのはクレジットカードですが、デビットカード、コード決済が拡がりを見せており、昨年度クレジットカードの比率が初めて90%を下回りました。

広く、コード決済が定着傾向

キャッシュレス推進協議会の調査によると、キャッシュレス決済手段保有者の中で83%の方がコード決済を月に1回は利用すると答えていることなどからコード決済が社会に定着しつつあります。

ステイホームでeコマース決済が急増

もう一つの動きは、eコマースが大きく拡がったことです。これまで、eコマースが小売消費全体に占める割合は約15~20%でした。しかし、コロナ禍の影響でeコマース経験者が急増し、最初の緊急事態宣言時には、約30%の水準にまで伸びています。これにより、日本でもeコマースが大きな割合を占めていくのか、その変化に注目が集められましたが、4ヶ月後に実施した調査では、割合としての大きな変化は見られませんでした。

ただし、結果的にeコマースの経験者が増えたことで、今後も着実にオンライン化が進んでいくことが見てとれます。

レガシー口座の手前に置かれるデジタル口座が存在感を増していく

このような概況下で、TISは2025年の「お金の流れ」がどうなるか、社会の中でキャッシュレスとデジタルトランスフォーメーション(DX)がどう進んでいくのかを考察しています。

お金の流れ

現在でも、銀行預金口座が非常に重要な役割を果たしていますがこの銀行口座の手前にデジタル口座が置かれるようになり、このデジタル口座の存在感が増すと予測しています。

大きな流れとして「お金の入口」が変化していきます。銀行が起点となるお金の流れは、これまでは給料が支払われることで始まっていました。現在、デジタル口座への給与払いの解禁が議論されており、本年度にも法改正がなされるという見立てがあります。
これが実現すると、デジタル口座に直接企業から給与が入ってくることになり、銀行口座からデジタル口座へと「入口」の役割が少しずつ移っていくことになります。

デジタル口座はオンラインサービスとの親和性が高く、記述したようにコード決済事業は伸びています。例えばPayPay、LINE Payや楽天ペイ等はオンラインサービスを重視している事業者であり、いずれもデジタル口座を持っています。具体的には銀行口座またはクレジット口座からチャージを行い、eコマース消費をする形が中心になっています。コロナ禍で、これまでeコマースに携わらなかった60代70代の方々を中心にECの経験者が増えたことで、この流れが推し進められているのです。

昨今ではお店で飲食をされる方も従来と比べ少なくなりました。それに伴い、事前でのモバイルオーダーを行いお店に並ばずにテイクアウトできるサービスも増えています。まさにオンラインを入り口にしたサービスが急速に増えていると感じています。

このように社会が少しずつ変わろうとしており、それによって口座を中心にしたお金の流れも変わっていくだろうと思っています。