コラム Column

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは?多様化する消費者ニーズと成功事例を紹介

dx

昨今、注目を集めるDX(デジタルトランスフォーメーション)。
多くの企業がDX推進への対応に急がれる今、失敗する企業・成功する企業の分かれ道が浮き彫りになってきました。

今回は、DXの概要を振り返りつつ、対応の必要性や現状課題、成功事例、TISのDX事業の取り組みをご紹介します。

●DX(デジタルトランスフォーメーション)とは何か

数年前から「DX」という言葉を耳にすることが増えました。DXとは「デジタルトランスフォーメーション」の略称で、日本語に訳すと「デジタルによるビジネス変革」を意味しています。

このように説明すると、「ビジネスにデジタルを取り入れることなんて、昔からやっているよ」と思われるかもしれません。しかし、そこには少し誤解があります。

会社としてITツールを導入し、現在の業務を効率化したり、自動化したりすることは単なる「デジタル化」であり、別の言い方をすれば「デジタライゼーション」となります。デジタル化はデジタルで推進していくべきですが、ここでいうDXとは異なる概念です。

DXとはデジタルでビジネスそのものに変革――たとえば新たなビジネスの創出――をもたらすことなのです。

なお、経済産業省が2018年12月に策定した「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」によると、DXの定義は以下の通りとなっています。

“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること”

●DXが求められる、消費者ニーズの多様化とは

消費者ニーズ

DXへの注目が集まる背景として、消費者のニーズや行動が多様化し、これまでのビジネスの常識が通用しなくなってきた点が挙げられます。インターネットとスマートフォンの普及により、世の中にはさまざまな情報があふれました。消費者はそうした多くの情報をもとに、より細分化されたニーズを持ち、多様な行動をとるようになっています。

そんな消費者行動の変化を示す代表例として挙げられるのが、流通科学大学の近藤勝直教授が提唱する「三通」です。

三通とは「流通」「交通」「通信」という3つの「通」を表す言葉です。流通とはビジネスでモノが運ばれること。交通は人の移動。そして通信は郵便、あるいはスマートフォンによる電気通信も含まれます。

近藤教授は、これら三通の境界分野で新たなビジネスが起こっていると述べています。たとえばスマートフォンの登場により、私たちは移動しながら通信を行うようになりました。この移動時間を狙って、“ながら”で楽しむデジタルコンテンツも多く登場しています。つまり、「交通×通信」という領域がデジタルで革新されたことにより、新たなビジネスが生まれたといえるのです。まさに「DX」の好例です。

さらに、デジタルテクノロジーの発展により、私たちは店舗に足を運ぶことなくインターネット上で買い物を楽しめるようになりました。これはまさに、「流通×通信」のDXといえます。

こうしたデジタル変革を裏で支えているのが、通貨のDXともいえる「キャッシュレス決済」です。経済活動は支払い――すなわち“決済”なしには成り立ちません。現実世界でビジネスを行っていた時代は現金での決済が一般的でしたが、インターネットを介したビジネスが当たり前の現代においてはそれでは不十分です。DXが進んだ世界では決済もまたデジタルで変革される必要があるからです。

今後、DXによる変革が進むにつれて、キャッシュレス決済はさらに増えていくでしょう。
参考:交通・流通・通信の融合:三通とモバイルマーケットhttp://library.jsce.or.jp/jsce/open/00039/200306_no27/pdf/150.pdf

●DX推進の課題

dx推進の課題

DXの推進をうたう企業は少なくありませんが、そのすべてが成功しているわけではありません。なんとなくトレンドだから始めてみたものの、あまりうまくいっていないという企業も少なくないのです。

DXの推進がうまくいかない原因はどこにあるのでしょうか。

まず、大きな理由として挙げられるのが、「DXを盛り込んだ具体的な経営戦略を描けていない」ことです。デジタルテクノロジーと一口に言ってもその種類はさまざまです。AIやIoT、5Gといったキーワードだけが独り歩きしてしまい、「AIで何かできないか」といった曖昧な取り組みに終始してしまうケースが多いのです。

冒頭でも述べたように、DXとは「デジタルによるビジネス変革」であり、最終的な目的は「ビジネス変革」です。「どのようにビジネスを変革するのか」というゴールが描けていないままデジタルテクノロジーを導入しても、曖昧な状態で終わってしまうのは当然といえます。

また、人材不足もDXがうまくいかない原因の1つです。先ほど挙げたように、「デジタルでビジネスをどう変革するのか」という戦略を描ける人材、そしてそのゴールに向けて適切なテクノロジーを導入し、運用できる人材をいかに確保するのかも、多くの企業を悩ませている課題といえます。