コラム Column

モバイル決済のその先へ:Beyond Payment
〜 スマートキー、スマートチケットへの展開 〜

vision

●ニューノーマルにおける非接触なUX

本コラムでもこれまでモバイル決済ウェアラブル決済の紹介をしてきましたが、新型コロナ感染症の拡大に伴い、これまで以上に非接触をベースにしたサービスへのニーズが高まっています。先行している非接触決済の利用はこの数年でかなり一般的になってきました。タッチ決済においては単純に接触シーンが減るだけではなく、「現金を持ち歩く必要が無い」、「決済時間が短縮できる」など、従来型の決済と比べると大きなUXの改善が実感されます。TISでは、この利便性をさらにさまざまなシーンに展開することで、よりフリクションレスで便利な世界観を実現できると考えています。

●モバイル機器活用による4つの実現できること

 モバイル機器を活用したサービスだから実現できることを4つご紹介します。

①本人認証

 今ではひとり1台モバイル端末を持っているのが当たり前になったため、モバイル機器を利用しての利用者本人の認証が容易になりました。加えてパスワードの入力、モバイル保有者の指紋・顔認証などの生体認証による2段階の認証で、より確実な本人認証を実現できます。

②遠隔制御

 モバイル機器が通信可能状態であれば、その有効性を遠隔で制御することができます。サービス開始の際も実際にモバイル機器を操作せずに、サービス提供者がインターネット経由でその機能を配信することができます。サービス停止時も同様です。通信が可能な状態でない場合も、機能を時限的に停止することもできます。

③利便性向上

 モバイル機器を中心に、さまざまなサービスを絡められることができます。タッチ決済と同時にポイント登録ができるサービスも一般的になってきました。さらに後ほどお話しする鍵やチケットなどをモバイル機器に格納することで、ある特定の鍵をあけると同時に決済が実行されたり、新たなクーポン券を配信できるなど、ひとつのアクションがさまざまなサービスのきっかけにできるので、利用者の利便性が大きく向上します。

④データ分析

 サービス提供者にとっては、その利用情報が瞬時に取得でき、その蓄積によるデータ分析などを通して、マーケティング活動に活かすことができます。例えば利用者の傾向を分析し、その人に合った情報やクーポンをタイムリーに提供するなど、自社の顧客をロイヤルカスタマーへシフトする動きも加速しています。

●NFCの強み(選ばれる理由)

nfc

 モバイルによる非接触サービスには、Apple PayやおサイフケータイなどのNFCを活用したサービスに加え、PayPayやLine PayなどのQRコードを活用したもの、Bluetooth技術を使ったものなどがあります。QRはCPMとMPMの異なる決済方法があり、利用の際にアプリを開いて、コードを読み込む必要があります。Bluetoothは事前に相手側の機器とペアリングしなければならないため、利用者側には少し手間がかかります。

 一方で相手側端末にタッチするだけのNFC方式は、シームレスに利用する事ができるため、より優れたUXを実現できます。以前のコラムでも紹介しましたが、世界的に一般的なTypeA/Bに加え、国内ではフェリカネットワークスが展開するTypeFが20年以上も前からサービスを展開していることもあり、タッチすることが日本人にとって馴染みが深いので、利用者が使いやすいのも特徴です。