コラム Column

決済博士の気になるコラム
第11回_デビット(仕組み 決済処理の流れ)

決済博士バナー

デビット(仕組み 決済処理の流れ)

キャッシー
キャッシー

はーかせ!

決済博士
決済博士

わっ。急になんじゃ、年寄を驚かせないでくれよ


キャッシー
キャッシー

ちょっと聞きたい事があって


前回の動画ではクレジットの仕組みについてお伝えしたので、今回はデビット決済の基本的な仕組みについて、以前紹介したクレジット決済と比較しながら説明していこうと思う。
まずはクレジットの仕組みと同様に、デビットについても消費者の動きを中心に説明を行っていく。
決済博士
決済博士

な、なんじゃ?キャッシーの聞きたい事はいつも…

キャッシー
キャッシー

何よぉ。その言い方! 今日はちゃんとしたこと。この前クレジットの仕組みをYou Tube向けに録画していたと思うんだけど、他の仕組みについても知りたいなぁと思って。博士のYou Tube調べてみたんだけど新しいものアップされなかったんだよね。次っていつ?何をUPする予定?例えばデビットの仕組みとか、予定はある?

決済博士
決済博士


キャッシー
キャッシー

博士?

決済博士
決済博士

はて、キャッシー、実はどこかでわしの事見ておったな。ちょうど今、動画を取り終わって編集していた所だったよ。し・か・も、デビットの仕組みをな

キャッシー
キャッシー

すごい!偶然!ナイスタイミング! じゃあ、さっそく私がチェックしてあげる

決済博士
決済博士

チェックって。。。仕組みを知らないくせに。。何を…

キャッシー
キャッシー

何か言った?

決済博士
決済博士

いや、何も…

キャッシー
キャッシー

じゃあ再生するね

(再生ボタンを押す)

決済博士
決済博士

前回の動画ではクレジットの仕組みについてお伝えした(第7回_クレジットの仕組み(仕組み 決済処理の流れ))ので、今回はデビット決済の基本的な仕組みについて、以前紹介したクレジット決済と比較しながら説明していこうと思う。
まずはクレジットの仕組みと同様に、デビットについても消費者の動きを中心に説明を行っていく。

決済博士
決済博士

デビットカードは国際ブランドのついていない日本国内専用のJ-Debitというサービスもあるが、最近キャッシュレス決済のひとつとして注目されている国際ブランドデビットがある。今回は最初にこの国際ブランドデビットの処理の流れを説明しようと思う。
ただし、デビットの場合は国際ブランド(JCB、VISA、Mastercard、AMEX等)のマークがついたデビットカードに着目して説明するため、この1~4の通り、最初に国際ブランドの働きについて説明を行い、そのあとにデビット決済処理の流れをお話しする。
1.国際ブランドの働きについて
2.デビットカードの申込みからカードが届くまで
3.商品購入時のデビット決済
4.国際ブランドにおける精算

決済博士
決済博士

ちなみに、クレジットとは異なり馴染みの薄いデビットカードの定義についておさらいしよう。
JCB公式ページには「デビットカードとは、カードでの支払いと同時にご自身の銀行口座から引き落としがされる仕組みのカードです。銀行口座から現金を引き出さずに支払いができる利便性や、銀行口座の残高以上にお金を使いすぎる心配がない安心感などから人気が出てきています。」と記載されている。 

※JCB公式ページより引用 (https://www.jcb.jp/products/jcbdebit/article1/)

決済博士
決済博士

クレジットはカードでの支払い金額は、後日消費者の口座から引き落とされるが、デビットカードは、カード支払と同時に消費者の口座から引き落としが行われる。
また、クレジットカードの発行はクレジットカード会社が行うと前回説明したが、それに対してデビットカードは銀行の口座保有者に対して銀行が発行するカードであることをしっかり押さえておく必要があるので忘れないように

1. 国際ブランドの働きについて

決済博士
決済博士

カード決済の世界において、国際ブランドと聞いて馴染みがあるのは、JCB、VISA、Mastercard、アメリカンエクスプレス(AMEX)、ダイナースクラブなどだと思うが、ここでは決済処理の流れを理解するために、知っておいて欲しい国際ブランドの働きについて説明する。
国際ブランドのマークはデビットカードだけでなく、クレジットカードやプリペイドカードにもついているので、デビットカードの専売特許ではない。
国際ブランド、例えばVISAの場合、銀行が口座保有者に発行するデビットカードにはVISAのマークがつく。またこのカードはVISAのマークがレジまわりに表示されている店舗(VISA加盟店)で利用できることを意味しいている。このルールはVISA以外の国際ブランドでも全く同じ

キャッシー
キャッシー

マークがあれば使えるってことは知ってる知ってる

国際ブランドの動き

決済博士
決済博士

上の図で順を追って説明すると国際ブランドであるVISAは①の通りカード会社や銀行とライセンス契約を締結している。次は②の部分で、VISAとライセンス契約を結んだカード会社は、自社の契約加盟店にVISAのマークを貼ることができるようになる。
また更に、③の部分ではVISAと契約を結んだ銀行、カード会社は、発行するカードにVISAのマークを付ける。この仕組みがあるため、④でVISAカードを持った消費者は世界中のVISA加盟店で決済を行うことができるようになる。
このスキームで加盟店契約を行うカード会社のことをアクワイアラー(加盟店管理会社)、カードを発行する銀行、カード会社をイシュア(カード発行会社)というので覚えておくように。
国際ブランドは世界中に決済のための通信ネットワークを張り巡らせており、リアルタイム決済を実現するグローバルネットワーク事業者としての役割を担っている。また、イシュアは、消費者から代金を回収し、アクワイアラーに支払う必要があり、そのアクワイアラーは加盟店に代金を支払っている仕組みだ。イシュアとアクワイアラーの精算の仲立ちをするのも国際ブランドの重要な働きのひとつだといえるぞ

キャッシー
キャッシー

VISAとかMasterCardとか…単に「カード会社」だと思っていたけど、実は「ネットワークを提供している会社」なのね!なんだか色々な所で細かいやり取りが実際は発生しているのね