コラム Column

トークンエコノミーとは? 代替通貨が経済圏を構成するメリットや事例をご紹介

トークンイメージ図

トークンエコノミーは、すでにさまざまな企業や自治体が取り組みを始めており、今後ますます発展していく可能性を秘めています。ただ、注目されるようになってきたのはここ数年なので、まだ耳慣れないという方も多いでしょう。

今回は、トークンエコノミーの基礎知識について解説すると共に、トークンエコノミーが世界に何をもたらすのか、実際の事例も含め紹介します。

●トークンエコノミーとは

トークンエコノミーのトークンは「代替通貨」エコノミーは「経済圏」を指し、合わせると「代替通貨経済圏」という意味になります。言葉だけ見ると、なんだかややこしそうに感じるかもしれませんが、それほど難しい概念ではありません。トークンについては「決済の仕組みで重要な「トークン」徹底解説!」でも詳しく解説しているので、興味がある方は是非確認してみて下さい。

話を戻しますが代替通貨とは、円やドルといったお金と同じように使える「通貨の代わりになるもの」です。たとえば商店街で使える商品券や、貯めるとサービスが受けられるポイントカードのポイント、オンラインゲーム内でユーザーが買い物に使うゲーム内通貨など、すでに多くの場所で代替通貨が利用されています。

1種類の代替通貨が多くの人によって使われると、そこには経済圏ができあがります。代替通貨によって生まれる経済圏――それがトークンエコノミーなのです。

このように聞くと、トークンエコノミーは昔から存在する商品券やゲーム内通貨を言い換えたものであり、なぜそれが今になって注目されているのかわからないという疑問を持つ方もいるでしょう。

そこには、トークンエコノミーを支えるある技術が関わっているのです。

●トークンを支えるブロックチェーン技術

ブロックチェーン

トークンエコノミーを支える技術とは、ビットコインをはじめとする仮想通貨でも活用されているブロックチェーンです。

ブロックチェーンは「分散型台帳」のことで、取引の情報をネットワークに接続した複数のコンピューターで共有し、改ざんを防ぐ技術です。特定の誰かが管理しているのではなく、ネットワークに参加している大勢が情報を管理するので、不正が限りなく起こりにくいというメリットがあります。このブロックチェーンが、トークンエコノミーの信頼性を下支えしているのです。

というのも、「代替通貨」に必要なのは、何よりも「信頼性」だからです。私たちが普段使っている円やドルといった通貨は政府が管理しています。政府が管理しているのだから通貨の価値が急激に落ちたりゼロになったりはしないだろう――と“信頼”しているわけです。この信頼性が通貨に価値を持たせています。

逆に、誰か知らない人が1人で管理している代替通貨を使うでしょうか。その管理している人の判断一つで価値がゼロになってしまうかもしれない代替通貨と、信頼できる「円」を交換する人はいないでしょう。

このように、代替通貨が流通して経済圏ができるためには、通貨に信頼性が必要であり、その信頼性をもたらすのがブロックチェーン技術なのです。

近年になってトークンエコノミーが注目され始めたのは、ブロックチェーンを用いることでトークンに信頼性を持たせられるからなのです。

●トークンエコノミーのメリット

トークンイメージ図

では、円やドルではなく、わざわざトークンを発行して経済圏を作ろうとするのはなぜでしょうか。もちろん、トークンエコノミーに大きなメリットがあるからです。

メリット1:最小額でのやりとりが可能
メリット2:多くのユーザーが選ぶ商品だけではなく、個人的に好きな商品にも価値を付加する事が可能

トークンエコノミーのメリットは、円やドルと異なり、細かい単位でのやりとりが気軽にできる点です。たとえば、クリエイターがコンテンツを投稿して、それに別のユーザーが「いいね」したり、コメントしたりする投稿サイトがあるとします。

一般的には、投稿されたコンテンツを生み出したクリエイターに対して、ユーザーが直接お金を支払うことは簡単ではありません。なぜなら、数円~数百円といった少額のお金を振り込むのは銀行手数料の関係で難しいですし、逆に銀行手数料が気にならない数万円といった多額のお金を支払えるユーザーはほとんどいないからです。だからこそ、クリエイターの作品に感動したとしても、これまでは「いいね」やコメントで評価せざるをえませんでした。

しかし、コンテンツ投稿サイトがトークンエコノミーを構築していたなら話は変わってきます。トークンエコノミー内であればトークンは銀行を介さず流通できるので、手数料もほとんどかかりません。ユーザーは少額でも気軽にトークンを送ることができ、クリエイターは作品を正当に評価される機会を得られます。

また、クリエイターだけでなく、「作品は投稿していないけれど、積極的に良いコメントを投稿してコミュニティを盛り上げている人」などもトークンを送られる対象になるかもしれません。

手数料がほとんどかからず気軽にトークンを送れるトークンエコノミー内では、これまで評価することが難しかったあらゆる「価値ある行為」を評価できるようになる可能性があるのです。このことは、クリエイターやユーザーのモチベーション向上にもつながるはずです。