コラム Column

CBDCとは?デジタル通貨を理解しよう

top-image

●はじめに

CBDC(Central Bank Digital Currency:中央デジタル通貨)という言葉を聞いたことはありますか?「なんとなく聞いたことはあるけど、意味を考えた事なかった。」「中央銀行発行のデジタル通貨という言葉だけは理解しているけどそれがどのような内容か理解していない」「スマホ決済(●●Pay)と何が違うのかわからない」などと思っている方も多いのではないでしょうか。

おそらくこのコラムにたどり着いた方は、CBDCについて情報収集されている、あるいはTISに興味を持っていただいた方かと思います。
皆さんも、先ほどの疑問、ふと頭の中によぎりませんでしたか?私も最初は同じような疑問を抱いていました。今でも周りの方から似たような質問をよくされます。心の中ではそれは国家戦略だから…と思っているので、回答するたびに難しいなと感じます。

今回のコラムでは、既存のスマホ決済とCBDCの違いについて私なりに整理をしてお伝えしていこうと思います。いくら調べても電子マネーやCBDCについての統一化された定義・分類は見つかりません。ここでは、世の中で語られていることを参考にしながら、私の観点でご紹介していきます。最後まで楽しんで読んでいただければ幸いです。

1.なぜ話がかみ合わないのか?

皆さんもある程度勉強した後に、誰かに「CBDCとはこういうものなんです」と説明したとします。でも必ず「それってスマホ決済(●●Pay)と何が違うの?」と聞かれるでしょう。「中央銀行が発行するデジタル通貨なんです」と説明しても、「えっ、だから何が違うの?」と言われてしまいます。

どうして話がかみ合わないのか、理由は簡単です。
それは、消費者として「デジタルのお金」を「使う」場面のみをイメージするからです。
「お金」がもつ「決済」という機能面のみにフォーカスを当ててしまっているため、このような話がかみ合わないということが起こります。

「キャッシュレス決済」の普及が注目される昨今、「決済」に焦点を当てるとクレジット、デビット、プリペイドといった観点もあります。「決済」という言葉だけを聞くとつい、これらをイメージしてしまうことも多いようです。これまでの企業の努力で「決済」サービスが充実していることもあり、その延長線で何が良いのかを考えてしまいます。しかし「デジタル通貨」を語る場合は「通貨」であるため「決済」だけではないということがポイントになります。

「デジタルのお金」を語る場合「通貨」の3つの機能である、「価値」の「保存」「交換(決済)」「尺度」の観点で整理すると理解しやすくなります。次項はこの3つの観点で説明していきます。

通貨の3つの機能

2.デジタル通貨とは?

デジタル通貨-image

皆さんが「デジタルのお金」に「価値」があると信じられなければただのデータです。
しかし、「電子マネー」を一度でも使ったことがある方は、その体験を経て、「電子マネー」は現金や預金と同じように使える「価値」があると理解しています。
つまり皆さんは既に「デジタルのお金」として「価値」を「保存」し「交換(決済)」しているのです。
さらに、ビットコインが登場した際「デジタルのお金」としてビットコインで決済することができると期待された時期がありました。しかし価格の変動が大きいため「決済」には適さないという見方が大半です。つまり「価値」の「尺度」としては適さなかったということになります。

 

まとめると、「お金」には3つの機能があります。①価値の保存、②価値の交換(決済)、③価値の尺度です。

私たちは現在、キャッシュレス決済がとても便利になった世の中で生活をしています。一時的なシステム障害を除き、キャッシュレス決済用の「電子マネー(残高)」が今後使えなくなるという心配や価値が大きく変わるという不安もなく、安心して使っています。そのため①価値の保存、③価値の尺度のことは意識することなく自然に②価値の交換(決済)だけに目が行きます。

通貨の3つの機能-決済

一方で、①価値の保存、③価値の尺度に目を向けると、実は消費者サイドではなく、ビジネスサイドで効率がアップします。「デジタルのお金」は「現金」と比較して、以下のようなメリットがあります。

1.現金輸送が不要


例えば小売店を経営している場合、お釣り用の小銭を準備するために定期的に銀行に行く必要がありますが、デジタルのお金の場合はこの手間が不要です。現金を持ち歩くリスクも削減できます。

2.業務負荷の低減


デジタル化されることで現金出納業務がなくなり、ほぼシステムで自動的に処理できます。

3.現金と同じように使える


デジタルのお金に「価値」が宿っている法定通貨なら店舗はすぐに仕入れに使えるので運転資金が圧縮できます(決済会社からの入金を待つ必要がなく手元の現預金と同等にすぐに仕入れや給料の支払いに使える)。

上記以外にもメリットは多く存在します。これらを改善しながら運用していくことで社会基盤として社会全体の効率化が期待できるのです。

通貨の3つの機能-保存・尺度