コラム Column

デジタル×地域課題への取組み「北海道DX」について

top-image

こんにちは、畑です。

今回は前回のコラム(「デジタル×地方創生」の取組みについて)に続き、地域におけるさまざまな課題に対してどのように向き合い、私たちTISがどのような価値提供を実践しようとしているか、具体的なPoC事例などを交えてご紹介します。
皆さまもご承知のとおり、地域ごとに抱える課題や優先順位は異なります。統一的な地域行政向けのプラットフォーム提供のような話が出てきては、結果として地域ごとの課題を吸収する難しさの壁にぶつかるなど、個々の地域課題を解決していくハードルを感じていると思います。
政府は「デジタル田園都市国家構想」として、「地方からデジタルの実装を進め、新たな変革の波を起こし、地方と都市の差を縮めていくことで、世界とつながるデジタル田園都市国家構想の実現(*1)を掲げ、地方・地域からの取組みにも注力しています。TISが取り組む福島県会津若松市のスマートシティ推進の取り組み状況については岸田首相自ら視察されるなど、メディアに取り上げられる機会が多くなりました。

今回のコラムでは、特に北海道札幌での行政や地域住民向けDXとしての取り組みについてご紹介します。

また、本記事の後半では共に札幌を拠点にして活動しているメンバーである牟田から“札幌での取り組み「札Naviとは」”の章を説明してもらいます。
読者の皆さまの地域におけるDXの取り組み検討の一助になれば幸いです。

(*1)引用元 https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/digital_denen/index.htmlp>

1.地域住民の移動手段における課題とは

今回のコラムで対象地域としている北海道および札幌について、少し基礎的情報からご紹介したいと思います。

<北海道の特徴について>
・人口は約530万人、都道府県順位8位
・空港は道内14施設
・面積は本州に次ぐ第2位
・全国住みたい街ランキング調査では、毎年上位に札幌・函館などランクイン
・政令指定都市人口別で札幌は4位(横浜、大阪、名古屋、札幌、福岡)
・観光入込客数は5千万人、全国1位(外国人2百万)
・温泉地2百以上、全国1位
・Made in Japanより、Hokkaidoブランドの方が東南アジアには知名度が高く、人気の場所

※すべて2022年3月 TIS調べ

北海道はなんと言っても他府県と比較して面積が広く、14の空港があります。
一方で他府県と同じ状況にあるのは、人口が都市部(北海道の場合は札幌)に集中しており、都市部以外の移動手段は自家用車かバスが主体で、電車(地下鉄)での通勤・通学利用はほとんどありません。
国土交通省もこの点を課題としています。「ラストワンマイル(*2)」だけではなく「ファーストワンマイル(*3)」を重視し、地域交通を枝葉に例え、地域経済を維持する上で地域の移動手段を見直すことは、最も重要な取組みであると再定義しています。【図1】参照

(*2)最終目的地の最寄り駅などから最終目的地までの距離の移動のこと。
(*3)自宅などから最終目的地までの移動において、交通機関の乗り換えなど最初のタッチポイントまでの移動のこと。

【図1】地域のコミュティで支える「葉の交通」 国交省発表資料をもとにTISにてイメージ化
図1-葉の交通

また、我々が活動拠点としている札幌においては、これだけ雪降る場所に人口200万人が暮らしていることは世界的にみても珍しいことです。東京では数センチの降雪で都市交通機能がマヒする状態になることは皆さんご周知の通りです。一方札幌では過去の経験から得たシステム・運用面含めて豪雪の中でも移動できる素晴らしい都市交通網が整っています。
しかしながら、札幌においては路線バス網が市内の隅々まで走っていますが、実際のところ住んでいる住民でもどの路線がどこまで行けるか分からないほど複雑なものになっています。地域住民が分かっていないのですから、観光客のようなビジター・ビギナーにとって路線バスの活用難易度は高くなります。

2.地域の課題に対する取組み事例紹介

ここでは北海道内におけるTISの具体的な取組み事例を2つご紹介します。
一つ目は、地価上昇率が国内トップレベルの北広島市に建設中である「ボールパーク」に関する課題解決。
二つ目は、北海道の二大資源でもある「観光」と「食」における観光需要回復支援策としてのプレミアム付きデジタル商品券「デジタルパス」事業となります。

<ボールパーク開業前PoC>
北広島市は札幌市に隣接する人口約6万人(2022年3月時点TIS調べ)が住む街です。日本ハムファイターズが構築準備中の「ボールパーク」を2023年にオープン予定ですが、構想段階の想定では、開業まもなくは最寄り駅であるJR北広島駅から約1.5キロを徒歩で約20分歩くか、バスなどで移動する必要がありました。ここで課題としてあげられたのが「開業時の駅とボールパーク間の移動」です。来場ピーク時に合わせて必要バス台数を配置すると、ピークアウトしたあとの運用維持コストの問題や、一斉に来場する際に体が不自由な方など本当にバスに乗りたい人たちが乗れない可能性があります。
そこで「徒歩で移動することが、ユーザーにとって価値となる仕組み」が提供できるサービスをUI/UXを通してデザインする必要がありました。開業前に実証するため、TISの健康活動サポートアプリ「ASTARI」(https://www.tis.jp/service_solution/astari/)を活用し、【図2】にありますPoCを実施しました。徒歩で移動することによるユーザーにとっての価値ある仕組みとは何か、ファンの気持ちを金銭に頼らず内面から刺激できるインセンティブ設計とは何か。これらを検証するため、札幌ドームの最寄り駅から徒歩で球場まで向かう途中に謎解きのクイズヒントを探しながら楽しく歩いてもらう仕掛けや、到着した球場では試合途中に大型ビジョンへ当日の徒歩来場歩数を掲示するなどの演出も行いました。

【図2】ボールパーク開業前PoC(札幌ドームにて実施)
図2-ポールパーク

<デジタルパス>

プレミアム付きデジタル飲食券を一般社団法人さっぽろイノベーションラボ(https://sapporo-innovation-lab.jp/)が提供する「札Navi」上で購入できるよう私たちが【図3】にあるサービスを構築しました。これは、「コロナ対策」や「消費喚起対策」におけるプレミアム付き商品券事業等へのDX化支援として、現在多くの商品券事業が「紙」主体で実施されているものをデジタル化することで3密を回避することができます。また、地元住民の方でも安心してご利用いただき、お得にお買い物や飲食・テイクアウトサービスなどを参画店舗より受けることもできるようになります。

TISが支援できること
①デジタルチケット決済で衛生的
紙のチケット発券・購入を必要とせず、金銭・チケットの受取時の物理的な接触機会をなくすことが可能。
②導入コスト低減と事業展開スピードアップ
お客様のスマホ画面にQRチケットを表示、利用時の消込も完結するため、店舗側の専用決済インフラが不要で、紙のチケットを印刷・配布なく事業展開がスピードアップ。
③予定変更なども即時対応
デジタル編集が基本のため、プレミアム付き商品券事業の提供期間変更や飲食店休業などの変動要素に即座に修正・変更が可能

【図3】プレミアム付き商品券事業へのDX化支援イメージ
図3-DX