コラム Column

今注目のブランドプリペイドがもたらすメリットとは?~ユーザー・企業それぞれのメリットと導入事例を解説!~

ブランドプリペイド
日本でも規制緩和や関連政策が推進され、急速にキャッシュレス文化が浸透しはじめています。誰もがスマートフォンを手にする時代となり、スマホ決済、モバイルウォレットや非接触型決済サービスの利用も増加しています。

2021年7月 、アメリカのGoogleがスタートアップの資金移動業者『pring(プリン)』を買収し、日本で2022年にスマートフォンの送金・決済サービスに参入する計画が推進されていると報道され話題になりました。

こういった流れの中で、誰もが安心、安全にモバイル・オンライン決済が利用できるサービスとして注目を集めているのが国際ブランド付き プリペイド『ブランドプリペイド』です。

今回はユーザーにとっても導入企業にとってもメリットが多く、Win-Winの関係が築ける『ブランドプリペイド』について解説します。

●新時代に対応。注目を集めているブランドプリペイドとは?

ブランドプリペイドとは

ブランドプリペイドとは、『Visa』『MasterCard』『JCB』といった国際ブランドが付いているプリペイドカードのことです。前払い式でさまざまな方法でチャージを行い、使用します。一般的なプリペイドカードの場合、入金したサービスや店舗・施設でしか使用できません。しかし、ブランドプリペイドは国際ブランドが付いているため、ユーザーはすべての国際ブランド加盟店で利用できます。

提供企業は利用できる場所が多いことをユーザーに訴求できたり、広範なマーケティングデータが得られたりするのがメリットです。このようにユーザーにも提供企業にも魅力的なブランドプリペイドですが、日本市場で発行に必要なプロセッシング機能を提供しているのはTISをはじめ数社しかありません。

カード発行の有り無しが選択できる

最近、ブランドプリペイドに関してテレビ・新聞などで報道が増えています。記事などでの表記に“ブランドプリペイドカード”と“ブランドプリペイド”と“カード”表記の有り無しによって2通りあることに気づいている方も多いのではないでしょうか。

厳密にはこの2つが意味することに違いはありません。ブランドプリペイドと記されることが増えたのは、近年ではカードを発行しないバーチャルカードとして使用するケースが増加したためです。スマートフォンの『Apple Pay』『Google Pay』といったモバイル決済やネット決済で使用する際は物理的なカードが不要であることが背景にあります。

バーチャルカード

このため、ブランドプリペイドを提供するサービスの多くはユーザーがカードの有無を選択できます。スマホの決済アプリなどに登録して使用する場合はカードを発行せず、物理的なカードで使用したい場合などに有料で発行するのが基本です。

ユーザーは申込み完了後、すぐに使用することができ、企業からすればカードを印刷したりICチップを搭載したりするといった発行コストを軽減しながら利便性を提供できるため、双方にメリットがある形態だといえます。

●ブランドプリペイドはユーザーにとって魅力的で便利なサービス

ここでは、ユーザーがブランドプリペイドを申し込んだり、使用したりする際のメリットをいくつか紹介します。

◎入会審査不要で年齢制限がゆるやか

ブランドプリペイドの発行には、クレジットカードのような入会審査がありません。そして、クレジットカードほど年齢制限が厳しくないため、子供やシニア層が使うカードとして検討できるのが特徴です。親権者の同意があれば小学生でも所有できるブランドプリペイドもあります。さまざまな事情があってクレジットカードの与信枠がつけられない方でも利用できるのがブランドプリペイドの強みです。

そのため、
・子供に渡す家族カード
・遠隔地に住む祖父・祖母といったシニア層が使用するカード
として安心・安全に使用することもできます。

提供企業側から見ると、これまで十分に金融サービスを受けることができなかった若年層やシニア層といったターゲットを取り込む新しい金融サービスを提供できるようになります。

◎すぐに使いはじめることができる

クレジットカード審査のプロセスは時間がかかり面倒だと感じていても、ブランドプリペイドはクレジットカードのような厳格な審査がなく、バーチャルカードですぐ発行できるため、使いたいと思った時にすぐ使いはじめられる特徴があります。

また、バーチャルカードであれば紛失リスクが低く、提供企業は発行コストが抑えられます。

◎チャージ型のため使い過ぎの心配なし

ブランドプリペイドは、プリペイド方式を採用しているため入金しなければ利用できません。そのため、後払い式のクレジットカードのようにうっかり予算をオーバーして買い物をしてしまうようなことが基本的にありません。

ただし、株式会社カンムの『バンドルカード』など一部のブランドプリペイドでは後払い方式が利用できます。TISの「API型ブランドプリペイドプロセッシングサービス」でも、こういった点を提供企業の意図やサービス状況に合わせてカスタマイズが可能です。

API型ブランドプリペイドプロセッシングサービスはこちら

◎モバイル決済との相性がとても良い

ブランドプリペイドは、『Apple Pay』『Google Pay』といった決済手段ととても相性が良いのが特徴です。オンラインサービスなどの決済に日常使用しているクレジットカード番号を登録するのが怖いといった場合、ブランドプリペイドを登録することでリスク対策にもなります。

また、カード利用停止機能を使ってカードの一時利用停止をユーザーが自分で設定できるため、紛失時や情報漏洩が疑われる場合にカードを利用されるリスクを大幅に低減できます。

オンラインで通販や有料サービスを展開する企業は、ブランドプリペイドでユーザーに安心・安全な決済手段を提供することができます。

モバイル決済

◎世界中どこでも使える

ブランドプリペイドは、「Visa」「MasterCard」「JCB」といった国際ブランドに対応しているため、世界中の国際ブランド加盟店で便利に利用できます。提供企業は、自社商圏外のユーザーの購買行動などがデータとして得られるメリットがあります。

◎多種多様な入金方法が使える

ブランドプリペイドは、現金、ポイント、クレジットなどさまざまな方法で入金(チャージ)可能です。

ハウスマネーではチャージ可能な場所が限られているため、ブランドプリペイドのように入金方法が多種多様で利便性が高いのは大きなアドバンテージとなっています。提供企業側から見るとショッピングなどでの機会損失を防ぐことができるのです。

関連サービス

ブランドプリペイドプロセッシングサービス

ブランドプリペイドプロセッシングサービス

ブランドプリペイドプロセッシングサービスは、ブランドプリペイドカードの発行・運営に必要なサービスをワンストップで提供するサービスです。ブランド付きのプリペイドカードに対する需要が高まっている背景には、法改正によるクレジットマーケットの冷え込みや海外渡航者の増加があります。また、ネット通販やオンラインゲームでの使い過ぎ防止、カード情報漏えいのリスクヘッジなどを目的に、ネット限定のバーチャルプリペイドカードに対するニーズも増加しています。本サービスを利用すれば、カード会員に多様な選択肢を提供できるようになります。